ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「PP」(ヘパリン類似物質)

「ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「PP」」(ヘパリン類似物質)に関する情報や関連資材について紹介いたします。

ロット番号・使用期限照会

製品概要

先発品名 ヒルドイドフォーム0.3%
一般名 ヘパリン類似物質
薬効分類名 血行促進・皮膚保湿剤
適応症 血栓性静脈炎(痔核を含む)、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛)、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、進行性指掌角皮症、皮脂欠乏症、外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎、筋性斜頸(乳児期)
先発品との「効能・効果」、「用法・用量」の同異 サンファーマ製品の用法・用量:通常、1日1~数回適量を患部に噴霧する。
先発品の用法・用量:通常、1日1~数回適量を患部に塗布する。
添加物 クエン酸水和物、クエン酸ナトリウム水和物、グリセリン、ステアリン酸ポリオキシル40、精製ヒアルロン酸ナトリウム、D-ソルビトール、パラオキシ安息香酸メチル、1,3-ブチレングリコール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油60、ラウロマクロゴール

各種コード

この表は横にスクロールできます

包装 0.3%・200g×3本 薬価基準収載医薬品コード 3339950R1142
YJコード 3339950R1142 HOTコード(13桁) 1251272010201
レセプト電算処理コード 622512701 GS1コード 調剤単位 04987047204034
統一商品コード 047104037 販売単位 14987047104034
梱包単位 24987047104031

この表は横にスクロールできます

包装 0.3%・100g×10本 薬価基準収載医薬品コード 3339950R1142
YJコード 3339950R1142 HOTコード(13桁) 1251272010101
レセプト電算処理コード 622512701 GS1コード 調剤単位 04987047204027
統一商品コード 047104020 販売単位 14987047104027
梱包単位 24987047104024

各種資料

診療サポート(患者向け指導せん)

適正使用のお願い(A6)

適正使用のお願い(A6)

サイズ/ページ数:A6/1

このぬり薬は、病気の治療のために使用する医療用医薬品です。
(この資材はコピー対応となります)

PDFを見る
ヘパリン類似物質泡状スプレー0.3%「PP」を使用されている方へ(A4/20枚綴り)

ヘパリン類似物質泡状スプレー0.3%「PP」を使用されている方へ(A4/20枚綴り)

サイズ/ページ数:A4/2

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「PP」を使用されている方へ

PDFを見る
【説明用下敷き】ヘパリン類似物質泡状スプレー0.3%「PP」

【説明用下敷き】ヘパリン類似物質泡状スプレー0.3%「PP」

サイズ/ページ数:A4/2

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「PP」の使い方

PDFを見る
【同梱】患者向け指導せん(100g)

【同梱】患者向け指導せん(100g)

サイズ/ページ数:145mm×130mm/2

患者さまへ
ヘパリン類似物質泡状スプレー0.3%「PP」
(この資材はコピー対応となります)

PDFを見る
【同梱】患者向け指導せん(200g)

【同梱】患者向け指導せん(200g)

サイズ/ページ数:A5変形/2

患者さまへ
ヘパリン類似物質泡状スプレー0.3%「PP」
(この資材はコピー対応となります)

PDFを見る
この製品の患者向け指導せんを
一括ダウンロード

よくあるご質問

本製品について、よくいただくご質問と回答をまとめましたのでご確認ください。

【保険】ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「PP」を一般名処方するときの一般名を教えてください。

一般名処方マスタでは、「ヘパリン類似物質スプレー0.3%」です。

  • 注意)一般名処方マスタでは、ヘパリン類似物質外用スプレーとヘパリン類似物質外用泡状スプレーの一般名は同じため、区別することはできません。
【製剤】開封後の使用期限を教えてください。

開封後の使用期限の設定はしていません。
開封後は早めに使い切るようにしてください。

【製剤】ヘパリン類似物質泡状スプレーー0.3%「PP」の1プッシュで塗布できる面積を教えてください。

塗布の目安は下記のとおりです。

【100g包装】

1プッシュ:手のひら2枚分

【200g包装】

1プッシュ:手のひら4枚分

出典:

Long CC et al: Clin Exp Dermatol, 16(6):444-447, 1991.
藏澄 美仁ら:日生気誌, 31(1):5-29, 1994.